秋田で温か薪ストーブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 焚き付け用の薪

<<   作成日時 : 2010/07/06 08:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  乾燥棚に積んだ太い薪だけでは、焚き付けは出来ないので細目
の薪が必要だ。
  よって、日曜大工(DIY -Do It Yourself )時と家の改築時に出た
端材にて、焚き付け用の薪を準備中である。
 端材はだいたい2種類に分類される。角材と板材である。
画像


  塗料が塗られている材料は、煤(スス)やタールの発生が多いと
いわれているため、電動カンナで塗料を剥ぎ、さらに電動丸ノコで
任意の長さに切断する。 
  今の所、この方法で作業を進めている。
画像


  代々伝わる鉈(ナタ)で、あらかじめ定寸にした材をスコンスコンと
割って行く。
 それがまた心地良い!爽快だ!
画像


  角材はやや太めに、板材は割り箸をイメージした細めにする。割り
箸みいたいに細くしたいが、だいたいの細さで良しとしている。
画像


  節があり、どうしてもうまく割れなかったりして、寸足らずものが存在
してしまう。
  でも、焚き付けの時に、うまくからませて使うようにしている。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村
焚き付け用の薪 秋田で温か薪ストーブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる